摂津市の歴史が学べる「第24回せっつ郷土史セミナー」 今回は新京阪電鉄の開通と正雀駅とのお話が聞けます。[7月12日]

摂津郷土史研究会が主催する「せっつ郷土史セミナー」ですが、今回で24回目を迎えます。

 

 

いつも変わった切り口でお話いただいている郷土史のおはなし。

 

今回は電車好きの方なら特に興味を持っていただけるかも〜

 

阪急電鉄

 

昭和3年に、新京阪電鉄路線が開通しました。

これは今の阪急電鉄京都線なのですが、どうして新京阪電鉄が開通することになったのでしょうか?

 

京阪電鉄と阪急電鉄との関係はいったい何なのか?

 

 

新京阪鉄道P-6形

新京阪鉄道P-6形 Wikipediaより引用

 

 

ぜひとも足を運んでくださいね〜

 

 

第24回せっつ郷土史セミナー

とき:7月12日(水)
   19:00〜20:30

ところ:摂津市立コミュニティプラザ
    2階 第5会議室

内容:新京阪電鉄と正雀駅

   なぜ、「尺」から「雀」になったのかは話しません

講師:茗荷充幸氏

参加費:500円

問い合わせ・お申し込み
 事務局 藤浦雅彦
 FAX: 06-6384-6709
   TEL: 090-9046-9748

 

FAXでお申込みの場合は、住所・氏名・電話番号をお書き添えください。

 

※直接ご来場頂いても結構ですが、だいたいの人数が把握できると助かります、とのこと。

 

 

 

 

タカミ建設正雀駅

 

ところでこの正雀駅は、正雀川をまたぐ阪急正雀駅はホームの半分以上は吹田市が占めているんです。

 

駅舎は摂津市にあります!

 

住所は大阪府摂津市阪急正雀1-1

 

「摂津市阪急正雀」は国土地理院発行の地形図にも記載されているのだとか。

 

この辺のお話はセミナーで!!

 

 

 

お茶でも飲みながら楽しい雰囲気で、和やかセミナーになりそうですね。

 

 

セミナー会場、摂津市立コミュニティプラザはここ⇣

 

《つよし》

ページの上へ