「オノヨーコから草間彌生まで」女性の生き方と作品を紹介[7月29日(土)]

一流の女性アーティストの生き方や活動に興味はありませんか?

 

女性がアーティストとして自己表現を追求し、時代や社会の制約をどのように乗り越えていったのでしょうか?

 

彼女たちの生き方や活動を知り、新しい視点でアートを観て、感じてみませんか?

 

 

人文学教授のレベッカ・ジェニスン氏や三木草子氏がご案内して下さいます。

 

オノヨーコから草間彌生

 

 

オノヨーコと言えば、ジョンレノンと結婚したことでも有名です。

 

日本生まれのアメリカの前衛(最先端)芸術家として活躍し、1966年にはニューヨークからロンドンに活動拠点を移しました。

同年11月に個展を開催しましたが、その会場でジョンレノンと出会い、1969年に結婚されました。

2人で平和運動等を起こし、ジョンレノンが他界した後も「愛と平和」のメッセージを発信し続けています。

現在は健康状態が思わしくないようです。

 

 

草間彌生は、幼いころから幻覚や幻聴に悩まされていました。

それらの幻覚・幻聴を絵で表現されて、渡米後には絵画や立体作品、過激なパフォーマンスをも実行しました。

彼女も「前衛」とよばれて、「前衛の女王」いう異名をとっています。

ファッションデザインや小説の随筆活動も行っています。

2012年にはルイ・ヴィトンとのコラボレーション・アイテムも発売しています。

2016年のタイム誌「世界で最も影響力のある100人」に選出されました。

 

 

 

 

とき:7月29日(土)
   10:30〜12:30

ところ:男女共同参画センター交流室
    摂津市立コミュニティプラザ内

お問い合わせ・お申込み
 摂津市立男女共同参画センター・ウィズせっつ
 TEL: 06-4860-7112
  FAX: 06-4860-7113

 

 

今後の人生に感化されるイベントになるかも知れませんよ!

 

 

会場は摂津市立コミュニティプラザ1階です。

摂津市南千里丘5-35

 

 

《つよし》

ページの上へ