摂津市をもっと知ろう「水上交通の大動脈・淀川の移り変わり〜ふるさとを知ろう・摂津市の歴史展」[6月7日〜17日]

普段当たり前のように住み、行ったり来たりしているわが町摂津市。

摂津市には淀川という雄大な川が流れています。

 

淀川の歴史は学べば学ぶほど深く、面白いです。

 

水上交通の大動脈・淀川の移り変わり
〜ふるさとを知ろう・摂津市の歴史展〜

摂津市の歴史展 看板

 

歴史人物

 

 

淀川の流れと川船

淀川やその水系の神崎川、安威川は、江戸時代の人々にとって水上の道として重要でした。
この道には幕府から貨物輸送の独占権を認められた過書船・伏見船・旅客専用の三十石船、農民の肥船など多様な川船が往来していました。

淀川三十石船

また、川岸には浜といわれる船着場が点在しています。
摂津市域では鳥飼(鳥養)下之村、同西之村及びその枝村であるワンド(輪道)、一津屋村・別府村が主たる浜でした。
こうした浜の中には渡し船に人を乗せて川を渡す、渡し場もありました。

 

摂津市立コミュニティプラザでは本日(6月9日)から6月17日まで、淀川にまつわるパネルが展示しています。

 

パネル

 

淀川の外来生物

淀川の外来生物

 

そして、最終日には「郷土史セミナー 淀川と人々のくらし」が開催されます。

講師は、ふるさと摂津案内人の会副会長であり、淀川わいわいガヤガヤ祭実行委員会事務局長である、宮田鐵夫さんです。

チラシ

とき:平成30年6月17日
   14:00〜15:30

ところ:摂津市立コミュニティプラザ
    1階ロビー

 

コミプラ1階、奥にありますロビーで開催されます。
宮田さんはとっても気さくな方ですので、淀川についてわからないことがあれば、些細なことでもお気軽にお尋ねください。

淀川の魚たち

 

三川合流三川合流

 

摂津市立コミュニティプラザはここ⇣

摂津市南千里丘5-35

 

《つよし》

ページの上へ