摂津市正雀にある旭川ラーメン専門店「とっかり本店」で、復刻版しょうゆラーメン(1970年の味 1日限定20食)を食べてきました。

2016/01/13 20時00分

阪急電車正雀駅から徒歩1分、知る人ぞ知るラーメン屋さんの「とっかり本店」

 

とっかり本店

 

やっと訪問できました。

 

と、いうのも現在は昼のみの営業で、火曜日と金曜日は定休日になっています。

 

 

ラーメンオタクさん達のブログでも結構記事が書かれていますが、こちらの大将はもうすぐ80歳、体もいろいろと患っているみたいです。

 

 

今日の11:30に伺ったのですが、暖簾が上がっていました。

 

中に入ると、どうやら私が1番目です。

 

カウンター9席のこじんまりした昭和の佇まい。

 

とっかり メニュー

 

復刻版しょうゆラーメンを注文しました。

 

大将はゆったりとしたペースで作られます。

 

後から常連さんと見られる人が入ってきました。

入るやいなや冷蔵庫から瓶ビールを取り出して席に座ります。

大将と世間話し・・・

 

続いて一人、また一人と入ってきます。

 

しかし、満員でキュウキュウした状態ではなく、ゆったりと時間が経っていく感じがしました。

それも大将のマイペースを受け入れ、すべてお任せという態勢に映りました。

 

 

待つこと約7分、着丼。

復刻版しょうゆラーメン

 

スープの色は濃い目で、麺は平打ち中太縮れ麺。

 

平打ち中太縮れ麺

 

まずはスープを一口・・・

 

見た目ほどのしょっぱさは皆無で、まろやかでコクがあります。

 

麺は太めで柔らかく、これまたスープによく味が絡みます。

 

食べれば食べるほど、どんどんスープが美味しくなっていきます。

 

1970年の旭川ラーメンってこういう味だったのでしょうか。

 

とにかくスープが最近にはない独特の美味しさでした。

 

 

それにしても、摂津市には美味しいラーメン屋さんがありますね。

 

 

旭川ラーメン専門店「とっかり本店」はここ↓

 

 

 

 

 《つよし》

ジモネタ摂津

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ