明治初期の鳥飼の歴史をシルバーの摂津市民劇団が旗揚げ公演をします。[3月26日]

2017/02/27 20時00分

来る3月26日は摂津市民演劇祭ですが、ラストを飾るのはシルバー劇団の「ダックス」さん。

 

出演劇団は全部で5つ。

 

摂津市民演劇祭

 

摂津市に関わる学生の演劇部や劇団などが集まって、それぞれ持ち寄った芝居を順番に公演するという催しなのですが、昨年高齢者たちが立ち上げた「シルバー市民劇団・ダックス」は50分公演で明治初期の鳥飼の歴史を演じます。

 

演目は「ご一新とりかい」

 

明治初期の鳥飼の歴史を19名の団員が演じます。

 

 

主要なところは演劇経験者を配しますが、半数はまったくの初心者だそうです。

 

また、セリフを覚えるのが大変とのこと・・・

 

 

昨日はそんなシルバー劇団ダックスさんの稽古の様子を取材させていただきました。

 

ダックス 稽古

 

舞台のリハーサルの日ということで、打ち合わせの後は市民文化ホールの舞台へ移動します。

 

 

ちびっこ劇団 ひなどり

 

ちびっこ劇団の人たちがリハーサルしていました。

 

 

 

 

さて、衣装を着て本番の舞台でのダックスさんはいかがでしょうか〜

 

団長 柴田繁勝

 

真ん中の方は団長の柴田繁勝さん(77)です。

 

柴田さんはボランティア芸能「寿楽座」を立ち上げた方で、さすが声にハリがあり落ち着いた演技でした。

 

脚本は小林貞夫さん(82)さんで、テレビがまだ普及していなかった1964年頃の青年団時代に手掛けた脚本が、大阪府で受賞されたそうです。

 

リハ中

 

 

摂津市では10年前にちびっこ劇団が結成されて活動を続けていますが、指導者は高齢化しています。

 

このままでは市民演劇が廃れていまうということで、演劇のOBが動きだされたのですね。

 

 

柴田さんいわく、「我々の挑戦がモデルとなり、各地に広まってほしい。シルバーたちが元気になってほしい」とのこと。

 

 

当日はお客さんの「入り」が、出演者のボルテージを高めます。

 

 

3月26日は摂津市民文化ホールで、シルバー劇団の演技で鳥飼の歴史を楽しみましょう♪

 

 

【関連記事】

演劇を楽しみましょう〜「第33回摂津市民演劇祭」摂津市民文化ホール(くすのきホール)で行われます[3月26日]

 

ダックス リハーサル

 

 

日時・場所

日時:平成29年3月26日(日) 
         12:00~16:15

   開場11:30 開演12:00

場所:摂津市民文化ホール
         (くすのきホール)

   摂津市香露園32-18

料金:無料

摂津市民文化ホールはここ↓

《つよし》

ジモネタ摂津
ページの上へ