【摂津市】昭和の喫茶店「きらあどうり」は大阪府道143号通りにあり

2018/12/02 20時00分

大阪府道143号沢良宜東千里丘停車場線は、茨木市宮島1丁目を起点とし、摂津市千里丘東1丁目を終点とする一般府道です。

と、堅い文章で始まりましたが、茨木市の島1丁目交差点からJR千里丘駅までの府道を指します。

てくてく歩いていますと、終点近くの千里丘東2丁目あたりに、喫茶店が見えてきました。
セブンイレブンの向かい側です。

きらあどうり

COFFEE HOUSE きらあどうり

なんと、この通りは「キラー通り」と呼ばれているのでしょうか?

それとも「きらあど売り」?

店名に気を引かれつつ、お昼時に入ってみました。

 

カウンター席合わせて14席のコンパクトな喫茶店です。

きらあどうり

 

内観

年配の女性ママが、カウンター内でコーヒーを淹れていらっしゃいます。

メニューをお願いしました。

メニュー

パンとドリンクのみのシンプルな喫茶メニューです。

タマゴサンドとブレンドコーヒーを注文しました。

厨房に入られて、ボールにカタカタカタカタと音が鳴りましたので、卵焼きのサンドだとわかりました。

タマゴサンドはゆで卵を潰してマヨネーズで和えたものと、卵焼きがあります。
関西は結構後者が多いと言われていますが、こちらも後者のタマゴサンドです。

丁寧にフライパンで卵を巻いて、出来上がった卵焼きをスライスしたパンに挟み、ケチャップをちょこっと…

手際よく作りながら、コーヒーをカップの上から淹れていきます。

 

タマゴサンド

美味しそう〜〜

 

一口食べるとアツアツです。
焼き立てすぐのタマゴサンドは格別ですね。

 

コーヒー

コーヒーは軽めの飲みやすい味です。

 

もう30年以上営業されているそうです。

昭和の喫茶店ですね。

料金はタマゴサンド600円+コーヒー450円で1050円。

セットメニューやランチサービスはないですが、ママさんの熱心な動きと雰囲気で満足です。

店内

 

あ〜、「きらあどうり」の由来を訊くの忘れた〜

誰か知っている方、教えてください。

 

(忙しくなりすぎるとご迷惑をかけるため、営業時間等の詳細は伏せます)

きらあどうりはここ⇣

 

 

《つよし》

ページの上へ