摂津市のキャラクター「もったいナイン」は、ごみの減量・資源化を目指す【3R】から生まれました!

2014/10/09 20時00分

ごみの減量・資源化を目指す【3R】とは、

1、リデュース(Reduce)

2、リユース(Reuse)

3、リサイクル(Recycle)

という各頭文字をとった、ごみの減量や資源化を目指す意味がこめられています。

「もったいナイン」というキャラクターを使って、資源等について子供たちに考えてもらおうというわけですね。

 

もったいナイン

 

「もったいナイン」は、小学3~4年生の学習教材やパンフレット、イベント開催時に設置するごみステーションに登場しているんだそうな。

 

では、【3R】を詳しくみてみましょう。

リデュース(Reduce)
「本当に必要な物だけを買おう」
「シールでいいです」って、言ってみよう
残さず食べることもごみ減量

リユース(Reuse)
長く使える物を選ぼう
修理して使おう
詰め替えて使える物を選ぼう

リサイクル(Recycle)
・新聞紙
・牛乳パック
・アルミ缶

実は、これらの【3R】に、リフューズ(Refuse)という意味である「ごみになりそうなものは断る」を加えた【4R】が、摂津市の推進していることなんだって。

ごみの減量・資源化を目指す 3R

 

街をキレイにするために大事なことは、環境をつねに意識することなんですね☆

もったいナイン 3R

※画像は摂津市広報PDFより

 

《つよし》

ジモネタ摂津
ページの上へ