摂津市の歴史を感じよう 明和池遺跡の出土遺物展示会があります。3月12日には郷土史セミナーを開催します。 摂津市立コミュニティプラザにて

2017/03/10 20時00分

明和池公園と言えば、明和遺跡。

室町時代の集落跡や、戦国時代の大溝が見つかったところで有名ですが、今回、コミュニティプラザにて弥生時代の土器や鏃(やじり)など、遺物約30点が展示されます。

 

 

墨書土器「王」

墨書土器「王」

左:土馬 右:ミニチュア竃

左:土馬 右:ミニチュア

 ※摂津市WEBより

 

 

 

とき:3月12日〜17日
      14:00〜15:30
   (17日は15時まで)

ところ:コミュニティプラザ
    1階ロビー

 

 

 

平成30年に吹田操車場跡に、国立循環器病研究センターが移転されますが、開発に先立ち、明和池遺跡の発掘調査を実施してきました。

 

調査によりますと、約2千年前の弥生時代後期の堅穴建物跡が発見されているそうです。

 

 

明和池遺跡は山田川が運ぶ土砂によって堆積した扇状地ですので、住みやすく、弥生時代には集落があったと考えられています。

 

弥生時代 集落

広報せっつ774号より

 

 

 

さて、3月12日(日)は、展示会が開かれるコミプラ1階ロビーで、郷土史セミナーが催されます。

 

 

興味のある方は弥生時代の出土を見物し、集落などの当時の様子などを質問されてはいかがでしょうか?

 

◉郷土史セミナー
「弥生時代の人々のくらし」

3月12日(日)
14:00〜15:30

主催は摂津市文化財愛護会、ふるさと摂津案内人の会、摂津郷土史研究会です。

 

 

摂津市立コミュニティプラザ

 

 

摂津市立コミュニティプラザはここ↓

 

 

《つよし》

ジモネタ摂津
号外NET他の地域

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ