明日は我が身…と「認知症市民公開講座」で学びましょう。若年性認知症についても解説します。[7月22日]

認知症の人は増加傾向、他人事ではありません。

日本では高齢者の約4人に1人が認知症の人または予備軍と推計されているそうです。

 

日本人は遺伝的に認知症になりやすいと言われており、生活習慣も原因の一つではないかと言われています。

また、日本の認知症の診断が優れているので、世界の中では多く捉えられているんだとか。

 

認知症市民公開講座のお知らせです。

認知症を予防するための生活習慣や、若年性認知症について解説します。(手話通訳あります)

 

とき:平成30年7月22日(日)
   14:00〜16:00(開場13:30)

ところ:摂津市民文化ホール
    (くすのきホール)

<第一部>14:10〜
「若年性認知症について」
 南摂津メンタルクリニック 院長 村田 俊輔
 座長:摂津市保健センター理事長兼
    大阪医科大学名誉教授 河野 公一

<第二部>14:50〜
「できる!認知症予防」
 国立循環器病研究センター
 脳神経内科 部長 猪原 匡史
 座長:大阪医科大学神経精神医学教室
    教授 米田 博

ディスカッション15:40〜
(事前の質問にお答えいたします)

パネラー
国立循環器病研究センター 猪原 匡史

摂津市医師会 村田 俊輔

摂津市歯科医師会 井上 純一

摂津市薬剤師会 康本 由樹

摂津市ホームページ参照

 

認知症市民公開講座

PDFファイル出力で印刷できます。

 

↑あらかじめ認知症について質問がある人は、印刷してFAXでお送りください。
ディスカッションタイムで先生にお答えしていただきます。

 

認知症

 

事前の申し込みは不要です。当日、先着順でご案内します。

 

摂津市民文化ホール(くすのきホール)はここ⇣

 

 

 

《つよし》

ページの上へ