【第42回江戸時代サロン】 ~間違いだらけの時代劇を斬る~ 江戸時代は不倫すれば死刑か流罪だったのか?[5月13日]

「江戸時代サロン」が帰ってきました。

昨年の12月18日に講師の都合により休会していましたが、5月より曜日と時間を変更して再開されたとのことです。

 

江戸時代 お城

 

さて、今回の江戸時代サロンは・・・

 

 

江戸っ子名言・川柳集から見る庶民の生活白書

「人の女房と枯れ木の枝は登りつめたら命がけ」

江戸時代は不倫をすれば、死刑か流罪になったと言われています。

お歯黒も不倫対策??

 

名言集から庶民の生活をお話ししていただきます。

 

とき:平成30年5月13日(日)
   午前10時〜11時30分

ところ:摂津市立コミュニティプラザ
    第5会議室(2階)

参加費:500円(資料代・飲み物代含む)

予約はございませんので、直接会場にお越し下さい。

 

主催:江戸時代研究会

講師:江戸時代研究会
   代表 茗荷充幸

 

江戸時代サロンの趣旨はつぎのとおりです。

テレビ・映画等で時代劇を上演していますが、事実と違う内容になっています。娯楽としてとらえているのでしかたがないと思います。事実と娯楽の差を知って、テレビ・映画を見て楽しんでいただくことが、このサロンの趣旨です。そして、コーヒーを飲みながら江戸時代の話をし、参加者の友好の場になることも、このサロンのもう一つの趣旨です。

《茗荷充幸》

 

お問い合わせ

携帯:090-4643-8388

 

「でしゃばりの美学」を解いた講師の茗荷(茗荷)さん

茗荷充幸 人間国宝

 

 

摂津市立コミュニティプラザはここ↓

 

 

《つよし》

ページの上へ