摂津市にある【JR東海鳥飼車両基地井戸掘削問題】は最高裁までいきましたが摂津市が敗訴しました

長く続いていました「JR東海鳥飼車両基地井戸掘削問題」

 

大阪貨物ターミナル駅

 

これは、JR東海が東海道新幹線で使う水を確保するため、大阪府の摂津市、茨木市にまたがる鳥飼車両基地の茨木市側で井戸の掘削を計画している問題です。

摂津市側は「地盤沈下の恐れがある」として常に反対していました。

因みに、摂津市は昭和40年代に地盤沈下を起こしています。

 

JR東海は災害時などに備えて水が必要だという「社会的使命」を掲げていました。

 

お互い主張譲らず、最高裁までいきました。

 

WEBせっつによりますと、

平成30年3月8日付で最高裁判所より、摂津市がJR東海に対し、JR東海新幹線鳥飼車両基地での井戸掘削の差止等を求めていた裁判に関する上告を棄却するとの決定がありました。 

とのこと。

 

「地盤沈下が発生する具体的な危険性が認められない」ということだそうです。

 

摂津市としては、「差し止めを否定した高裁判決とこれを認めた上告棄却は不当だ」としています。

 

もし、地盤沈下が起こっていまったらどうなるのでしょうか?

 

 

井戸掘削はここ↓
東海道新幹線鳥飼車両基地の地図

 

 

《つよし》

ページの上へ