國森康弘氏の講演会「いのちつぐ「みとりびと」 ~地域まるごとケアと看取りの現場より~」とミニギャラリー展[1月11日〜16日(講演会は14日)]

LINEで送る

誰もが住み慣れたまちで安心して最期まで暮らし続けるためには、ますます医療、介護、地域の結びつきが求められます。

地域包括ケアの「包括」を、より広い概念で「まるごと」として捉え、「まちづくり」につながるケアとして「地域まるごとケア」と名付けた滋賀県永源寺地域で活動する花戸貴司医師。

その花戸医師と共に地域に寄り添い、写真絵本『いのちつぐ「みとりびと」』を著した國森氏の講演会とミニギャラリー展です。

 

國森康弘氏 講演会

いのちつぐ「みとりびと」
地域まるごとケアと看取りの現場より~

■日時:平成30年1月14日(日)
          午後1時30分~3時30分

■場所:摂津市コミュニティプラザ
          3階コンベンションホール

みとりびと 講演会

 

 


國森康弘ミニギャラリー展

■日時:平成30年1月11日(木)~16日(火)
          午前9時30分~午後5時

■場所:摂津市立男女共同参画センター交流室

國森康弘

 

元神戸新聞社記者の國森康弘氏は、イラク戦争を機に独立されて、イラク、ソマリア、スーダン、ウガンダ、ブルキナファソ、ケニア、カンボジアなどの紛争地では「冷たい死」、東日本大震災などの被災地では「悲しい死」と表現し、数多くを取材してこられました。

近年では滋賀や東京、東北被災地での在宅医療の看取り現場を「あたたかい死」として撮られています。

 

講演会では数々のエピソードと写真スライドを通して、命の重みと「いのちのバトンリレー」についてお話いただけます。

 

きっと暖かい気持ちになってお帰りいただけることと思います。

どうぞご参加ください。

 

恋ちゃんはじめての看取り―おおばあちゃんの死と向きあう (いのちつぐ「みとりびと」)

 

お申込み・問合せ先

摂津市立男女共同参画センター・ウィズせっつ

URL:http://www.with-settsu.jp/
TEL:06-4860-7112
FAX:06-4860-7113 
電子メール:danjyo@with-settsu.jp

 

摂津市立コミュニティプラザはここ↓

 

 

《つよし》

LINEで送る

ページの上へ