全盲の落語家「桂福点」さんの『摂津市人権を考える市民のつどい』を開催![12月9日]

LINEで送る

全盲の落語家・桂福点さんによる講演と創作落語のお知らせです。

 

人権を考える市民のつどい

桂 福点さん 講演会

~大笑いゼーションでノーマライゼーション~

桂福点

 

桂福点さんは先天性緑内障で中学2年の時に視力を失いました。

当時は差別やいじめにあったそうですが、先生との出会いや言葉で励まされたそうです。

子どもの頃から音楽が好きで、大阪芸術大学に入学されました。

「お気楽一座」というバンドを組み、音楽療法もされています。

 

 

福点さんは、1996年に桂福団治師匠に弟子入りされ、師匠のもとで古典落語を学びました。

桂福点の名前は2009年9月に桂福団治師匠より頂きました。

 

講演と創作落語により、人権の講演をされ、音楽療法士としては診療所や作業所などで活躍されています。

 

大阪市東淀川区淡路に、「アートサロン お気楽島を開設し、社会に出て行きづらい方々の集いの場・創作の場として開放されています。

 

とてもアクティブな方で、空手道場にも通われたりしているみたいです。
東淀川区お知らせブログ参照)

 

 

今回の「人権を考える市民のつどい」では、「障がいのある人もない人も共に尊重しあいながら、互いを理解し社会で生きていくことはどんなことなん?」とこれまでの歩みを振り返りながら語られます。

 

12月4日から10日は「人権月間」です。

 

お申込みは不要ですので、お気軽にお越し下さい。

 

 

日時:平成29年12月9日(土)

 開場 午後1時
 開演 午後1時30分

ところ:摂津市民文化ホール(くすのきホール) 
    摂津市香露園32-16

※駐車場がございませんので、公共の交通機関をご利用ください。

定員:先着450名
   ※事前申し込み不要

桂福点

摂津市WEBより引用 

 

 

 桂福点さんホームページはこちら>>

 

摂津市民文化ホール(くすのきホール)はここ⇣

 

 

《つよし》

LINEで送る

ページの上へ