摂津市阪急正雀にあるアルナ車両が福岡県の筑豊電気鉄道に路面電車を搬入しました

LINEで送る

12月4日、福岡県にある筑豊電気鉄道が、摂津市のアルナ車両製の路面電車を搬入したそうです。

 

西日本新聞によりますと、

搬入されたのはアルナ車両(大阪府摂津市)製の超低床電車で、定員は87人。老朽化が進む2000形との入れ替えのため、2014年度から導入を進める5000形としては今回が4編成目となる。車体の色は昨年、利用者に実施したアンケートで決めた。

筑豊電気鉄道5000形

とのこと。

 

遠賀川をイメージしたライトブルーのライン入りとのことで、かっこいいですね。

 

 

それではこの機会にアルナ車両を詳しく見ていきましょう。

アルナ車両株式会社(アルナしゃりょう、英称ALNA SHARYO CO., LTD.)は、主に軌道線向けの車両製造および鉄道車両の改造、整備を行う企業。路面電車車両の国内トップメーカーとして高いシェアを誇っている。阪急阪神ホールディングス(旧阪急電鉄)の連結子会社で、阪急阪神東宝グループに属する(※Wikipediaより)

 

1947年、アルナ工機(株)の前身である、ナニワ工機(株)が京阪神急行電鉄(現:阪急電鉄)の出資により兵庫県尼崎市に設立しました。

1976年に、路面電車のイメージを一新する東京都交通局の都電7000形が製作されました。

東京都交通局7000形
By そして私は神になった – 投稿者が自分で撮影, CC0, Link

 

そして2002年に、アルナ工機株式会社の分社化に伴い、車両事業の営業譲渡を受け、アルナ車両株式会社として独立し、営業開始しました。

大阪府摂津市阪急正雀に本社・工場を移転したのは、2004年4月1日です。

 

路面電車製造で、約8割のシェアを占めていたことから、運行事業者からの車両生産存続の要望が強く、分社実施の直前に軌道線型電車に限定しての生産継続を決定しております。

 

長崎電気軌道3000形「リトル・ダンサータイプU」を納入しましたが、(財)日本産業デザイン振興会よりグッドデザイン賞、鉄道友の会からローレル賞を受賞しています。

 

長崎電気軌道3000形 リトルダンサータイプU
By Hisagi (氷鷺) – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

 

 

その後2005年に、函館市交通局9600形2連接超低床LRV「らっくる号」を納入しています。

らっくる
By Mugu-shisai投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

 

 

 

2009年には、阪急電鉄6300系リニューアル「京とれいん」を納入 しています。

3号車と4号車は京町家をイメージした車両になっていて、2列+1列の対面式固定クロスシートとし、各ブロックごとに仕切を設けた半個室空間の演出が施されています。

京とれいん
By Jr223 – Jr223本人が撮影 Person himself photography, CC 表示-継承 3.0, Link

 

 

アルナ車両
鹿児島市交通局1001形電車 By NM8600 – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, Link

鹿児島市交通局7000形電車 By Rsa – Rsaが鹿児島駅前で撮影, CC 表示-継承 3.0, Link

伊予鉄道モハ2100形電車 By Rs1421 – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

阪堺電気軌道1001形電車 By Altrincham – Altrincham自身の撮影によるもの, GFDL-no-disclaimers, Link

函館市交通局8000形車両 By Mugu-shisai – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

阪急9300系電車 By デイ100 – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

 

まだまだ素敵な路面電車や鉄道を製作されていますが、台数が多いため割愛します。

 

アルナ車両はここ⇣

 

《つよし》

LINEで送る

ページの上へ