カラ残業なのか待機なのか?摂津市環境センター職員8名

LINEで送る

摂津市のごみ焼却施設「市環境センター」で働く現業職員がカラ残業をしていた疑いがあるとのことで、摂津市の調査が入ったそうです。

 

Yahoo !ニュースによりますと、

大阪府摂津市のごみ焼却施設「市環境センター」で働く現業職員8人が2014~16年度、実際には働いていないのに残業手当を受け取る「カラ残業」をしていた疑いがあることが、内部資料や複数の関係者への取材で分かった。市は、夜間の運営を委託している民間業者との「引き継ぎ」名目で1日30分の残業を認めていたが、実際には残業前に引き継ぎが終わっていたという。市は勤務実態がなかった疑いがあるとして調査を始めた。

時間外勤務命令簿

とのこと。

 

摂津市環境センターは、2基の焼却炉を24時間体制でごみを焼却しています。

 

摂津市は職員減少に伴いまして、2014年度から夜間帯の運営を民間業者に委託しています。

 

委託している時間帯は、

17:00〜翌朝の9:00までです。

 

摂津市職員の勤務時間は条例などで、

8:45〜17:15と決められています。(休憩45分間)

 

業者と交代する際に引き継ぎが必要だということで、

朝・夕とも15分間の残業を3年間認められていました。
(2014年2月の労使協議による)

 

つまり、残業を合わせますと、

8:30〜17:45(休憩計1時間)働いていたことになります。

 

 

しかし、実際の引き継ぎは、2,3人の主任が行っていて、トラブルがなければ数分で終了し、17時前には終わり、タイムカードを押す17:45まで休憩室で待機していたそうです。

 

摂津市の内部資料によりますと、残業手当は1人あたり年間20〜50万円とのこと。

3年間の総額では約700万円になります。

 

実態はカラ残業で、全庁で残業削減に取り組んでいる中、許されない、と批判している幹部もいるそうです。

 

14~16年度のセンター長2人は取材に対し、「主任から出される時間外勤務命令簿とタイムカードを見比べてはんこ(決裁印)を押しただけ」などと話し、残業の実態を把握していないことを認めた。30分間の残業を認める制度は今年度からなくなった。

(※Yahoo!ニュースより引用)

 

 

バイト経験のある人で、10分前に終わっても、タイムカードをすぐに押さないでジャストの時刻まで待っていた人はいませんか?

もちろんそれとは比べる余地がありませんが、30分のカラ残業を3年間すると、支払う側に立てばとても大きな額になるんですね。

 

給料袋と明細書

 

支払う側といいますと・・・

 

税金ですね。。

 

今回の件につきましては、待機という可能性もありますので、実態を調べるそうです。

 

民間委託に伴う給与減の緩和措置とも言われます。

 

注意喚起になりますかどうか・・・

 

 

 

《つよし》

LINEで送る

ページの上へ