本田圭佑選手はメキシコのパチューカに移籍後ANA(全日空)とスポンサー契約を締結しました

LINEで送る

航空分野専門のニュースサイト「Aviation Wire」によりますと、

 

全日本空輸(ANA/NH)は8月10日、メキシコ最古の強豪サッカークラブ「CFパチューカ」の本田圭佑選手(31)とスポンサー契約を締結した。本田選手の活動を輸送協力などで支援するとともに、メキシコ在住の子供たち向けにサッカー教室の開催などを予定しているという。

本田圭佑 ANA 契約

本田選手は大阪府摂津市出身。2005年に石川県星稜高校を卒業後、名古屋グランパスエイトへ入団し、プロデビューした。その後はオランダのVVVフェンロ、ロシアのCSKAモスクワ、イタリアのACミランを経て、7月にパチューカへ移籍した。

とのこと。

 

 

ANAと言えば、今年の2月15日に、成田─メキシコシティ線を新設したところです。

 

1日1往復で、フライトは往路が12時間半、復路が14時間半です。

ANAの直行便では最長だとか。

 

現在、メキシコには日系企業が1000社以上進出しているそうです。

また、メキシコに住んでいる日本人は1万人以上いるそうですよ。

 

日本とメキシコの経済の結びつきは深まってきていますが、本田圭佑選手との契約により、サッカーとの関係も明るくなりそうですね。

 

 

 

 

最後にANA HOLDINGS 公式サイトより、本田圭佑選手のコメントを引用させていただきます。

<本田選手からのコメント>
「この度はANA にサポート頂けることを大変光栄に思っています。これがキッカケで世界中の友人や関係者の方々にANA を知ってもらい利用してもらえると嬉しいですね。メキシコで本田圭佑としての新しい挑戦が始まります。より多くのインパクト、サプライズを届けられるように最善を尽くします」

 

 

7月にCFパチューカに移籍後すぐにANAとのスポンサー契約って、流れが速いなぁ〜

 

 

 

 

《つよし》
LINEで送る

ページの上へ