暮らしをよくするためにも、政治に抵抗せず、しくみを学んでみよう「男女共同参画から考えるまちづくり」

政治を難しく捉えていませんか?

 

「どうせ変わらへんから投票しても一緒」

「あの人に頼まれたからとりあえず一票」

 

少しでも政治のしくみを学べば、このような考えはなくなると思うのです。

 

気持ちは一人から変化していくので、まちを良くするためにと、学べば学ぶほど、未来に向かって生きていけるのではないでしょうか?

 

 

男女共同参画の視点でまちづくりを考えることが、必要なのはなぜか?自分たちのまちを住みやすくするために、市民としてできることはどんなことか?身近な問題から「政治」や「政策」について考え、まちの未来についてみんなで語ろう!!

 

今回、関西学院大学総合政策学部准教の大村華子先生をお招きして、政治についての抵抗をなくしていただきましょう。

 

大村先生は、「2010年度日本選挙学会賞・優秀報告賞」を受賞されています。

該当報告論文:大村華子(2010)「戦後日本政治における動態的代表―政策は世論によって規定されてきたのか」

 

 政治

 

とき:8月8日(火)
   13時半〜16時

ところ:摂津立男女共同参画センター交流室
       摂津市立コミュニティプラザ内

定員:20名

1歳6ヵ月~就学前児のお預かりは8月5日(土)までに要予約

        06-4860-7112

 

1時間程度の講義の後、参加者同士で意見を出し合い、まちづくりについて考えます。

 

詳細は摂津市立男女共同参画センター・ウィズせっつへ>>

 

 

・参加者みんなで暮らしのあれこれ話そう〜

・困りごとを解決するにはまず政治に関心をもつこと

・まちの未来をつくるヒントが学べますよ〜

 

 

 

摂津市立コミュニティプラザはここ⇣

 

 

《つよし》

ページの上へ