摂津市人権女性政策課が発行している「女性問題シリーズ」の啓発誌をご存知ですか?

LINEで送る

摂津市には男女共同参画に関する視点に気付いていただくための啓発誌として「女性問題シリーズ」というのがあります。

 

 

なんと、Vol.29まで発行されています。

 

 

今回は中高生を対象にした「デートDV」に関する情報や知識について紹介されている啓発誌をお知らせします。

 

ステキな恋をするために

 

ステキな恋をするために
クリック
すると啓発誌が閲覧できます。

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

 

 

デートDVとは恋人関係でおこる暴力をいいます。

 

 

ある程度の束縛や嫉妬は「自分が思われているから」と捉えることができますが、そう捉えないとやっていけないとか、怖さや暴力が加わるとそれは支配関係というデートDVと言えるでしょう。

 

 

そもそもお互いが尊重しあう交際では、デートDVは起きません。

 

 

 

 

下記の項目に関して、「されたことがある」「したことがある」に当てはまる人はデートDVかも知れません。
◉叩いたり、蹴ったりする
◉馬鹿にする
◉メール、ラインをチェックする
◉デート代をおごらせる
◉無理やり体をさわる
◉物を壊したり、投げつけたりする
◉無視する
◉好みの髪型や服をおしつける
◉お金を返さない
◉避妊に協力しない

啓発誌「ステキな恋をするために」より引用

 

 

 

いったん支配関係が成立すると、暴力は繰り返されてエスカレートすることがあります。

 

 

 

誰にも言えなくなり、二人だけの世界から抜け出せなくなることもあります。

 

 

相手の気持ちを考え、価値観の違いを認めることができればいいのですが、ひとりで悩むことはしないで、相談できる機関に連絡してください。

 

向かい合う男女

 

 

女性の相談

ウィズせっつ

06-4860-7116
月・火・木・土曜日 10〜17時
第3。4火曜日のみ 13〜20時

 

性暴力の相談

サチッコ

06-6632-0699
水〜日曜日 14〜20時

 

 

 

 

 

《つよし》

LINEで送る

 
2017/05/18
ページの上へ