「摂津の大空に鯉のぼりを揚げよう」今年も大正川上空に1,111匹の鯉が泳いでいます。[2017年] 

LINEで送る

毎年恒例となったこの行事も、もう17年が経ちました。

 

 

「摂津の大空に鯉のぼりを揚げよう」

このイベントを実施してくださっているのは、市民有志のグループ「夢をひらくせっつ市民の会」です。

 

1,111匹の鯉のぼりは、「何をするにも1番を目指そう」という子供たちの健やかな成長を願ってのことだそうです。

 

 

ではガランド歩道橋を渡って、大正川河川敷公園に行ってみましょう。

ガランド歩道橋

 

 

 

憩いの場には立派な鯉のぼりが泳いでいます。

 

河川敷公園 鯉のぼり

 

 

 

 

 

 

 

鯉のぼり

 

風が吹いていないとこんな感じです。

 

 

鯉のぼり2

 

風が吹きました〜

 

 

それにしても大量だ・・・

 

 

鯉のぼり3

 

 

 

鯉のぼり4

ロープが見えないと、鯉が宙に舞っているみたいです。

 

 

 

 

鯉のぼりと川

川から撮ると綺麗です。

 

 

 

 

パークタワーと鯉のぼり

パークタワーと鯉のぼり

 

 

 

鯉のぼり5

 

 

鯉のぼり6

 

 

 

鯉のぼり7

 

それにしても今日はとっても気持ちいい天候に恵まれました。

 

 

 

 

鯉のぼりは一体どうやって空を泳いでいるのでしょうか?

ロープ ワイヤ

 

それは、両サイドの堤防にロープを張って、ロープの上にクリップをかけ、そこにワイヤと鯉のぼりをくくりつけているんだとか。

 

 

 

この1,111匹の鯉のぼりはすっかり有名になって、メディアにもいくつか取り上げられるようになりました。

 

 

そして、この一大イベントは各企業による協力会員、市民ボランティアの協力のお陰で成り立っているんですね。

 

大正川河川敷公園

 

 

大正川河川敷l公園 池

 

ずーーーーっと後世へとつなげて行ってほしいです。

 

 

 

まだ生で見たことがない人は、是非圧巻の風景を楽しまれてくださいね。

 

 

大正川河川敷公園はここ↓

 

 

 

《つよし》

LINEで送る

 
ページの上へ