摂津市の「変な新幹線」が「まともな新幹線」となり話題に!

LINEで送る

摂津市の新幹線公園に展示されている0系新幹線は、「色が違う」というクレームに対応し、みごと昨年の11月1日にまともな色でりリニューアルされましたね。

 

新幹線 0系

 

 

 

 

【関連記事】

摂津市の新幹線公園、0系がボディ塗り替えてピカピカのリニューアル!

「野ざらし新幹線」のニュースがきっかけで、摂津市の「変な新幹線」の見物客が増えました。

 

 

そして、本日の産経新聞でも取り上げられていました。

塗装過程で本来の「新幹線ブルー」とはほど遠い、薄い色になってしまった「新幹線公園」(大阪府摂津市)の0系新幹線の先頭車両が本来の色に塗り直された。“変な色”になったのは、高額な塗装費用を安くあげようと、専門業者に依頼せず、一般の業者による簡易な塗装にしたため。塗り直しにかかった額は約1600万円。それでも、担当者は「大きな出費だが、0系は鉄道史に名を刻む名車両。これで、ようやく胸を張って見てもらえる」と話している。

変な新幹線 色替え

iZa産経デジタルより引用

 

 

右が再塗装前の「変な新幹線」です。

 

水色ですね〜〜〜

 

こうして見ると、水色は水色でかっこよかったりする
・ω・

 

ところで、安くついた一般の塗装業者による料金はいくらくらいだったのでしょうか・・・

 

 

「実際の色と違う」というクレームを多くの人々が言い続けたおかげのリニューアル。

きちんと対応してくれたのは嬉しいです。

 

 

0系の新幹線は今や根強い人気で、博物館や公園にも展示されています。

 

また、イギリスの国立鉄道博物館にも展示されているそうです。

 

吹田市にもあるのですが、野ざらしのままなのが気にかかります。

 

次は吹田市の0件新幹線が一般公開されるのを期待したいですね。

 

 

野ざらし新幹線
産経WESTより引用

 

 

 

 

0系 アップ1

 何とも言えないフォルムです。

 

 

 

新幹線公園はここ↓

 

 

《つよし》

LINEで送る

2017/02/07
ページの上へ