大阪薫英女学院(摂津市)、2度目の全国高校駅伝優勝おめでとうございます!2区の高松さんが9人抜き!

LINEで送る

摂津市が誇る陸上の強豪校と言えば、大阪薫英女学院

 

2014年に初の全国制覇を成し遂げました。

 

そして、今年の全国高校駅伝で2度目の頂点に立つことができました!

おめでとうございます!

 

竹内 ひかり
YOMIURI ONLINEより引用(近藤誠氏 撮影)

 

 

女子第28回大会は、京都市西京極陸上競技場発着のコースで行われました。

5区間21・0975kmのレースです!

 

 

YOMIURI ONLINEによりますと、

女子は11年連続11度目出場の大阪薫英女学院(大阪)が1時間7分24秒で2年ぶり2度目の優勝。2位は西脇工(兵庫)、3位には神村学園(鹿児島)が続いた。昨年優勝の世羅(広島)は8位だった。

とのこと。

 

 

1区では10位だったものの、2区でたすきを受け取った高松さんが9人抜きをされました。

高松さんは3000mでは日本選手で唯一の8分台という記録を持っています。

 

2km過ぎまでに8人抜き、終盤で1人抜き、1位で3区の村尾さんにたすきを渡しました。

 

3区と4区は区間賞!

 

 

2014年に初優勝し、2015年は連覇を目指しました。

しかし、3位に終わりましt。

 

万全の態勢ではなく、選手が故障をしても周りに言えない空気があったとか。

プレッシャーもあったことでしょう。

 

そして、今年のレース前夜は選手みんなが楽しくて仕方がなかったそうです。

 

タイムも前回を上回りました。

 

 

このわくわく感で、来年から連覇を重ねて欲しいですね!

 

 

1区:嵯峨山 佳菜未     3年生
2区;高松 智美ムセンビ    2年生
3区:村尾 綾香           1年生
4区:中島 紗弥           2年生
5区:竹内 ひかり        2年生

敬称略

 

 

 

 

《つよし》

LINEで送る

 
摂津の広告掲載について
ページの上へ