摂津市パープルリボン&オレンジリボンキャンペーン「創作落語/ミニ講座/歌とグループトーク」に参加しました。

摂津市立男女共同参画センター・ウィズせっつの講義に参加してきました。

毎年11月12日〜25日は「女性に対する暴力をなくす運動」の期間ということで、ウィズ・せっつでは講座やパネル展などを行っています。

摂津市パープルリボン&オレンジリボンキャンペーン

創作落語によってDV(ドメスティックバイオレンス)を学ぶという、ユニークな講義でした。

男女共同参画落語創作・口演家の千金亭 値千金さんがわかりやすくお話をされます。

お題は「育児休業」や「男女共学」など9作品あり、今回は「どめすてぃっく・ばいおれんす」という平仮名のタイトルでした。

「子どもは見てる、感じてる 夫婦げんかは犬も食わない?」ということわざを切り口に、日常的だと思われていることから、夫婦や恋人同士の平等について、また、暴力を身近に見ている子どもへの影響について考える口演となりました。

 

DVとは何でできているのか? 「 」に入ることばを考えたりもしました。
次の「   」には何が入ると思いますか?(同じことばです)

 

男女共同参画=人ー「    」+チャンス
DV=体力的・経済的優位+支配欲+暴力の容認+「    」

 

グループワークなどもしたのですが、特に印象的だったのは沢田研二さんの歌についてワークをしたことです。

歌詞についてディスカッションしたのですが、なるほど時代だなって感じた歌詞でした。
ちなみに曲名は「カサブランカ・ダンディ」です。

(それぞれ思う事は違いますので、ワーク内でのコメントは控えます。)

 

最後にこのカサブランカ・ダンディの替え歌を千金亭 値千金さんが、カラオケで歌われました。
かなり考えられた歌詞で大ウケでした。
(著作権の関係等で歌詞カードはいただけませんでした)

 

テーマがDVでしたので、暗い雰囲気になるかと思っていたのですが、ユーモアある講義で理解しやすくてよかったです。

あ、そうそう、千金亭 値千金さんは東京生まれの、役所で勤めていらっしゃる税務課の人なんですって。

次回も楽しみです♪

摂津市パープルリボン&オレンジリボンキャンペーン2

 

 

追伸:「   」の答え
「性差別意識」

 

会場 摂津市立コミュニティプラザ コンベンションホール

大阪府摂津市南千里丘5−35

 

《つよし》

2014/11/22
ページの上へ