摂津市、JR東海を提訴 (井戸掘削禁止求める)

LINEで送る

10月25日の摂津市とJR東海が井戸掘削をめぐってもめているにも書きましたが、新幹線鳥飼基地での井戸掘削で、摂津市とJR東海がもめていた問題。

摂津市は大阪地裁に訴訟を起こしたようです。

Y!ニュースによりますと、

JR東海が東海道新幹線で使う水を確保するため、大阪府の摂津、茨木両市にまたがる鳥飼車両基地の茨木市側で井戸の掘削を計画している問題で、計画に反対する摂津市は14日、JR東海に掘削禁止などを求める訴訟を大阪地裁に起こした。

車両基地の約97%は摂津市で、残りの3%が茨木市。

東海道新幹線鳥飼車両基地の地図

 

地下水の汲み上げを禁じた「環境保全協定」をすでに締結していますが、摂津市は茨木市側の敷地も含めた全域に適用されているとして地下水の汲み上げに反対しているのですね。

でも、JR東海は茨木市から汲み上げるので協定は守っているという意見。

う~ん、ホントに難しい問題ですね。

 

因みに昭和52年には、1日に約2500トン汲み上げて周辺で地盤沈下が発生しているんですね。

 

両者とも正当な理由があるので、まだこの問題は長引きそうです。

 

 新幹線鳥飼基地
摂津市鳥飼基地(東京行きの新幹線車内より撮影♪)

 

 <摂津市と新幹線を愛する男>

LINEで送る

2014/11/17
ページの上へ